Thinking thinking

個人的に知らなかったWebサービス、面白そうな会社、転職、気付きについて

転職や職探し方法の5選まとめ

現時点で私も職探し中ですが、探し方も色々あるよねということで、私が活用しているものを整理してみました。

f:id:keizokuma:20160618110853j:plain

はじめに

探し方にはどんな種類があるか

色々とググってみたり、テレビのCMで見たなーと思うものを大別すると、次の5つに分類されそうです。

  • 辞めない
  • 転職サイト
  • SNS
  • 自力
  • 起業 

辞めない(現在の仕事を継続)

 職探しと書いておいていきなりですが、私のようにすでに働いている人向けです。

辞めるのか、辞めずに続けるのか。

何か違うことがやりたかったり、現状に問題や不満があったり、先を考えると今のままでいいのかと考えたり、周りの環境が変わっているのに自分は変わっていなかったり。

自分の置かれている状況と照らし合わせて、今後の生き方として何が最適なのかを選んで決めていくことになります。

転職を意識したことがないサラリーマンはおそらくいないのではないかと思いますが、辞めないという選択肢は当然あります。

メリット・デメリットを自分なりに考えて決めることになります。

転職サイト

一番メジャーな職探し方法ですね。

大学卒の新卒や第二新卒、社会人の方はほぼここにお世話になると思います。

私もいくつか登録をしています。

転職サイトの分類

転職サイトといっても、もう少し分類ができます。

1.企業の求人情報が載っている

転職サイトのHPに企業からの募集を載せて、あとは求職者自身で気になった企業に応募するスタイルです。

サイトによっては、求職者のプロフィールを企業側が閲覧し、逆に受けてみないかというスカウトが来る機能が備わっているものもあります。

2.企業の求人情報+人材紹介会社からの紹介(非公開求人もあり)

1と基本的には同じですが、違いは人材紹介会社(転職エージェント)の登録がある点です。

求人の中には非公開求人というものがあり、サイトには載っていないものもありますので、登録しておくのもよいかと思います。

リクナビネクストを例にとると、リクナビのサイトには求職者、企業、人材紹介会社がおそらく登録しています。人材紹介会社は求職者の情報を閲覧でき、自社で持っている求人にマッチするスキルを持った人にコンタクトを取ってきます。人材紹介会社側で持っている求人はリクナビネクストのサイトには載っていないので、エージェントの方と直接コンタクトを取りつつ紹介を受けるか、自分で人材紹介会社のHPを見に行って検索するという形です。

人材紹介会社は大小さまざまですが、かなりの数があるようですので、掘り出し物が見つかるかもしれません。

転職サイトの一例

私が登録してみたサイトです。

主観で使えるなと思った順に並べています。

キャリアインデックス

ハローワーク求人も探せる便利サイト。

careerindex.jp

リクナビネクスト

メジャー。人材紹介会社も多数登録されている。

next.rikunabi.com

DODA

メジャー。アプリがないのが残念。

doda.jp

転職@Type

割とメジャー?あまり使わない。

type.jp

ジョブセンスリンク

個人的にいまいち。

job.j-sen.jp

エン転職

あまり使用していない。

employment.en-japan.com

人材紹介会社(その他)

そのほかも本当に色々あります。

地方や地元起業に特化した求人を扱うところなど様々です。

地方に特化するのであれば、大手のサイトよりも、それ専用のサイトやエージェントを活用するほうが効果的です。

リージョナルキャリア

エージェントの人が丁寧にヒアリングの印象。

別名リージョンズ。

www.regional.co.jp

ヒューレックス

www.hurex.jp

 

SNS

SNS全盛の今の時代、活用しない手はないです。

Facebook、Twitterなどなど、色々あります。

転職SNSの一例

色々なサービスを出しているところがあるようですが、活用している一例をあげてみました。

Wantedly(ウォンテッドリー)

企業の情報として、なにをやっているのか、なぜやるのか、どうやっているのか、こんなことやります、ということが書いてありますので、HPだけでは見えない想いを見ることができます。

元気がありそうな会社が色々とありますので、見るだけでも面白いです。

応募した企業からから返信があると、次のアクションにつなげられます。

#私も1社お茶のみに行きました。

www.wantedly.com

careertrek(キャリアトレック)

少し利用。キーワード登録だけでもスカウトが届きます。

www.careertrek.com

Linkedin(リンクドイン)

登録したのみ。

jp.linkedin.com

自力

何も転職サイトやSNSに無いからといって、企業が募集していないとは限りません

自力で探す方法

目で探す

自分の住んでいる地域で探したいような場合、その地域にどんな会社があるのかを探してみるのがいいと思います。

電車で通るビルの看板を見る、歩いてビルに入っている企業名を見る、などなど。

これまで気にしていなかった企業名が色々と入ってきます。

きっかけは何でもいいと思いますので、まずは自分のフィルターにヒットする企業を見つけ、アクションをしてみましょう。

 

ターゲットを絞る

気になる企業があるのならば、自分でHPを見に行ってみるのも一つの手です。

採用情報のページはどのHPにも載っています。

もし希望する職種で載っていなかったり、現在募集していないという内容が載っていても、まずはメールで聞いてみるのがいいと思います。

自分で動ける人には、企業側も興味を持つ可能性大です。

#私も実際やってみたら、書類選考する話になって応募してみました。

 

ツテ・コネ

友人、知人、同僚、親、親戚、仕事上つながりがあった人。

仕事をするうえで関わる人は様々ですので、どんな縁があるかわかりません。

この人と仕事をしたい、この人の聞けばなにかあるかも、というのがある場合、協力してもらうのも手です。

起業

転職するだけが職探しではないです。

新しいことをやりたいけれどもない、という場合は、別な道を探すのも手です。

起業の種類

「起業」とはいかないまでも、次の種類があるかなと思います。

フリーランス

フリーランス。いい響きです。

私も選択肢の1つとして考えていますが、なかなか手が出ません。

自分の能力によってもフリーランスは様々です。

フリーライターの場合、こんなはてなブログ見つけました。

naze7000nanoka.hatenablog.com

 

会社設立(起業)

新しいサービスを提供して喜んでもらう。

そんな意気込みがある方はこれですよね。

 

フランチャイズ

1から起業するのではなく、これまでのノウハウを活用して自分でやりたいというような場合、フランチャイズや代理店、業務委託を使うのも手です。 

dokuritsu.mynavi.jp

おわりに

 職探し方法として大別5選をあげてみましたが、その他にも様々なものがあります。

少しでも参考になればいいかなと思います。