読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thinking thinking

個人的に知らなかったWebサービス、面白そうな会社、転職、気付きについて

自分の才能に目覚めようとストレングスファインダーをやってみた

強みを活かすとはどういうことでしょうか。

自分をもっと成長させるためにどこを改善していくかを考えたときに、まず弱点を克服することで全体の底上げができると考えていましたが、ストレングスファインダーの本を読んで、違う考え方もあるということを知ることができました。

実際に本を買ってストレングスファインダーをやってみましたので、その結果を元に自分でどう思うのかを考えてみました。

ストレングスファインダーとは

自分の強みになりうる最も優れた潜在能力の源泉を見つけるためのツールです。

資質は34種類あり、その中の上位5つの資質が自分の強みにつながる資質です。

詳しくは他サイトを参照してください。 

才能の定義

本のタイトルに「さあ、才能に目覚めよう」とありますが、ストレングスファインダーで行う際は「才能」の定義に気を付ける必要があります。

私も含め一般的に多くの方は、

持って生まれた特殊な能力および資質

と考えがちですが、ここでは、

無意識に繰り返される思考、感情、行動のパターンであり、何かを生み出す力

と定義されています。

才能というよりは「特性」と言われたほうが個人的にはピンときます。

34の資質

次の34の資質があります。言葉を見ただけでは中身が分かりませんが、中身を理解すると人を特徴づける資質だと納得ができます。

パッと見でこの資質があればないいな・・というのもありますが、実際にやってみたらなかったです(泣)。

最上志向、共感性、学習欲、運命思考、収集、アレンジ、コミュニケーション、ポジティブ、信念、個別化、公平性、内省、分析思考、包含、回復志向、活発性、競争性、規律性、原点思考、自我、自己確信、社交性、指令性、慎重さ、親密性、成長促進、責任感、戦略性、達成欲、着想、調和性、適応性、未来志向、目標志向 

ストレングスファインダーを行うには

Webサイトで診断をするため、本を購入するのが手っ取り早いです。

本にアクセスコードが付属されているため、それを入力することでストレングスファインダーを行うことができます。

注意点

実際にやるまではわからなかったのですが、次の点が注意点です。

  • アクセスコード1つにつき1回のみ実施できるため、何回も測定しなおしということはできません。やりたい場合は本の再購入が必要です。(やり直す必要もないですが)
  • 中古本は買わないこと。アクセスコードが既に使われているため、測定ができません。
  • 時間を確保すること。全部で170問ぐらいありますので、集中して行えるように時間を確保してやりましょう。
  • TOP5の資質のみ見ることができます。
  • 6番目以降の資質が気になって知りたい場合は、追加のお金を払う必要があります。(強みを活かすという観点だと、TOP5を意識すればいいので知らなくても問題ないと思います)

自分の場合の特徴的な資質TOP5の考察

自分でストレングスファインダーを行ってみた結果が次の5つでした。

「無意識に繰り返される思考、感情、行動のパターン」として見てみると、納得できる部分が多くありました。

回復思考

あなたは問題を解決することが大好きです。さらなる困難に遭遇するとうろたえる人もいますが、あなたはそれによって力を与えられます。あなたは症状を分析し、何が悪いのかを突き止め、解決策を見い出すという挑戦を楽しみます。あなたは現実的な問題を好むかもしれないし、抽象的な問題、あるいは個人的な問題を好むかもしれません。あなたはこれまでに何度もぶつかって、解決できる自信がある分野の問題を探し求めるかもしれません。あるいは、複雑で馴染みのない問題に直面したとき、あなたは最もやり甲斐を感じるかもしれません。あなたが実際に何を好むかは、あなたの他の資質や経験によって決まるでしょう。しかし確実に言えることは、あなたは物事に再び生命を与えることを楽しんでいるということです。底に潜む要因を明らかにし、その要因を根絶し、物事を本来あるべき輝かしさへ回復することを素晴らしいと感じるのです。もしあなたの介入がなかったら、たとえばこの機械は、この技術は、この人物は、この会社は、機能を停止してしまった可能性があると本能的に分かっています。あなたがそれを直したのです。それを蘇生させ、活気を取り戻させたのです。あるいは、あなたらしい表現で言えば、あなたはそれを救ったのです。

確かに当てはまります。

今まで携わった仕事が関係しているかもしれませんが、問題解決はずっと関わってきており、楽しいと思える分野です。

達成することで誰かの役に立っていると実感できる、笑顔が見えるといったところが好きですね。

慎重さ

あなたは用心深く、決して油断しません。あなたは自分のことをあまり話しません。あなたは世の中が予測できない場所であることを知っています。すべてが秩序正しいように見えますが、表面下には数多くの危険が待ちかまえていることを感じ取っています。あなたはこれらの危険を否定するよりは、一つひとつを表面に引き出します。そうして、危険はひとつずつ特定され、評価され、最終的に減っていきます。いうなれば、あなたは毎日の生活を注意深く送る、かなりまじめな人です。例えば、何かが上手くいかない場合に備えて、あらかじめ計画を立てることを好みます。あなたは友人を慎重に選び、会話が個人的な話題になると、自分のことについては話しをせず、自分自身で考えることを好みます。誤解されないように、過度に誉めたり認めたりしないように気をつけます。人になかなか打ち解けないという理由で、あなたを嫌う人がいても気にしません。あなたにとって、人生は人気コンテストではないのです。人生は地雷原を歩くようなものです。そうすることを望むならば、他の人は用心せずにこの地雷原を駆け抜けるかもしれません。しかし、あなたは違う方法をとります。あなたは危険を明確にし、その危険が及ぼす影響を推し量り、それから慎重に一歩ずつ踏み出します。あなたは細心の注意を払って進みます。

う・・これも当てはまっています。

一番には「後戻りや手戻りをしたくない」というのが強いです。

同じことを2回やりたくない(めんどくさいし時間の無駄)というのも大きいです。

当然場合によっては手戻りが発生しますが、なるべくそれが無いように進めたいと思っています。そのほうが、関係各所へのメリットにつながりますし、先に想定しておけば心の準備にもつながると考えているからかもしれません。

分析思考

分析思考という資質を持つあなたは、他の人に「証明しなさい。あなたの主張がなぜ正しいのか示しなさい」と強く要求します。このような詰問を受けると、自分の素晴らしい理論がもろくも崩れ落ちるのを感じる人もいます。これがまさしく、あなたの意図するところです。あなたは必ずしも他人のアイデアを壊したいわけではないのですが、彼らの理論が堅固であることを強く求めます。あなたは自分自身を、客観的で公平であると考えています。あなたはデータを好みます。データは人々の考えに左右されず、ありのままだからです。あなたはデータを見ると、パターンと関連性を捜し出します。一定のパターンが互いにどのように影響するのか、どのように結びつくのか、結果はどのようなものかを理解しようとします。そしてその結果が、提示されている理論や目の前の状況にふさわしいかどうかを知ろうとします。これがあなたのやり方です。あなたはこれらの点を一つずつ明らかにして、根本的な理由を探し当てます。人はあなたのことを論理的で厳格であると見ます。その人達は、いつかあなたのところにやって来て、誰か他の人の「非現実的な考え」あるいは「整理されていない考え」を話し、あなたの研ぎ澄まされた思考から見た考えを聞くでしょう。あなたの分析結果を伝える時、できれば決して厳し過ぎないようにしましょう。さもないと、その「非現実的な考え」が彼ら自身の考えである場合、その人はあなたをわざと避けるようになります。

これも当てはまります。

自分がこう思うからこうする、というのを求めてしまいます。

相手がきちんと考えてモノを言っているのかという点が気になりますし、自分が問われて答える際に整理しておかないと納得してもらえないことがあったため、というのも大きいのだろうと思います。

言われたとおりにやったのに後で何か問題が発生し責められる。お前が言ったからだろうがー!というのもありますが、それをそのまま受けてしまった自分にも問題があるので、根拠はきちんと持っていると心が安定する傾向があると感じました。

また、パターンと関連性を見つけるという部分も好きです。「型」でしょうか。型があると他ではどうだろうと妄想したくなります。

学習欲

あなたは学ぶことが大好きです。あなたが最も関心を持つテーマは、あなたの他の資質や経験によって決まりますが、それが何であれ、あなたはいつも学ぶ「プロセス」に心を惹かれます。内容や結果よりもプロセスこそが、あなたにとっては刺激的なのです。あなたは何も知らない状態から能力を備えた状態に、着実で計画的なプロセスを経て移行することで活気づけられます。最初にいくつかの事実に接することでぞくぞくし、早い段階で学んだことを復誦し練習する努力をし、スキルを習得するにつれ自信が強まる――これがあなたの心を惹きつける学習プロセスです。あなたの意欲の高まりは、あなたに社会人学習――外国語、ヨガ、大学院など――への参加を促すようになります。それは、短期プロジェクトへの取組みを依頼されて、短期間で沢山の新しいことを学ぶことが求められ、そしてすぐにまた次の新しいプロジェクトへに取組んでいく必要のあるような、活気に溢れた職場環境の中で力を発揮します。この「学習欲」という資質は、必ずしもあなたがその分野の専門家になろうとしているとか、専門的あるいは学術的な資格に伴う尊敬の念を求めていることを意味するわけではありません。学習の成果は、「学習のプロセス」ほど重要ではないのです。

この結果を見てなるほどなと思いました。

過去を振り返ると、確かによくあてはまると思いました。

  • 初めてのことは学びが多いのでワクワクします。
  • 2回目のことでも、知ったことをどう活かしていこうか考えながら行えるのでワクワクします。行う中で改善点も見えるので、ワクワクが継続します。
  • ただ、3回目になると、2回目で活かし方を知ったので、あまりワクワクしません。 違うことをやりたくなります。

責任感

あなたは責任感という資質により、自分がやると言ったことに対しては何でもやり遂げようという強い気持ちを持ちます。それが大きかろうと小さかろうと、あなたは完了するまでそれをやり遂げることに心理的に拘束されます。あなたの良い評判はそこから来ています。もし何かの理由であなたが約束を果たせない時、あなたは相手に対してそれを何らかの形で埋め合わせる方法を無意識に探し始めます。謝罪では十分でありません。言い訳や正当化は問題外です。あなたは埋め合わせが終るまで、生きた心地がしません。このような良心、物事を正しく行うことに対する強迫観念に近い考え、非の打ち所がない倫理観、これらがすべてあいまって「絶対的に信頼できる」という高い評判を生み出すのです。人が新しい責任を誰かに任せる時、まずあなたに目を向けるでしょう。あなたがその責任を必ず果たすことを知っているからです。人々があなたに助けを求めてくるとき――すぐにそうなるでしょうが――あなたは選ぶ目を持たなければなりません。進んで事に当たろうとするあまり、できる範囲以上に仕事を引受けてしまう場合もあるからです。

これも無意識に思っています。

なので、3日坊主で終わってしまったことに対しては、自分の駄目さ加減に嫌気がさしてしまします。

強みに対する疑問

強みを活用するといっても弱みがやはり気になりますし、他の資質が自分に無いのでどうすればそれを身に着けられるのかという疑問が出ました。また、優位を占める資質の中に相反するものがあったらどう理解すればいいのかというのも気になります。

そんな疑問に対しても本には説明が載っていました。

一部納得できない部分もありましたが、大枠は理解できるものでした。

例えばこんな疑問点についての説明が書いてあります。

  • 強みを気付く道に障害はないのか
  • なぜ資質に重きを置くべきなのか
  • 優位を占める5つの資質の中に相反するものは存在するのか
  • 自分の資質が気に入らなければ、新たな資質を開発できるのか
  • 自分の資質だけに集中すると、視野が狭くなりすぎないか
  • 弱点にはどうやって対処すればいいか

最後に

強みを活かすにはまず自分を知ることですが、その1つとしてストレングスファインダーを行うのもありだと思いました。

実際に行ってみて、TOP5の資質は私の場合は全て納得がいくものでした。

また、企業内での強みを意識した働き方や人との接し方についても、興味が出てくるようになりました。